肩こりのツボ!

病気ほどではないけどつらい慢性症状が肩こりです。

国民生活基礎調査では自覚のある辛い症状として女性で肩こりが1位、男性も3位に入っています。

そんな誰もが一度は悩むであろう肩こりに効く代表的なツボを紹介します。

●肩井(けんせい)

経絡の指圧師さんが肩こりと言われれば必ずといってもいいほど押すのがこのツボです。

肩こりや頭痛、高血圧、手のしびれ、首の痛み、寝違え、目の疲れ、鼻づまり、背中の痛みなど、肩から上の不調全般を改善するといわれる大変万能なツボです。


肩井は、首の根元から肩の外側のちょうど中間の位置にあります。

自分では押しにくいのが難点です。

● 肩中兪(けんちゅうゆ)

肩こりが慢性的に酷くなってくると、肩 の後ろの肩甲骨の周辺から首すじにかけてこりひどくが集中するようになります。

こうした頑固なこりに効くツボが肩中兪です。

肩こりの他に頭痛、呼吸器を活性化させ、喘息や風邪の引き始めにも効果があるとされています。

肩中兪は、頭を前に倒したときに首の後ろにぼこっと出ている骨(第7頸椎)の少し下で、その骨から指3本外側に進んだところにあります。

● 欠盆(けつぼん)

首筋から鎖骨周辺にまでの肩の前側がこっている人にオススメです。

この周辺の筋肉が凝っている人はパソコン作業や執筆作業、重いものを持ったりする方が多いです。

肩こりの他に喉の痛み、肋間神経痛や胸痛、頭痛や目の疲れにも効果的です。

欠盆は、乳頭から真っすぐ上がってぶつかる鎖骨の上端から、指1本分、背骨の方向に進んだところにあります。

●合谷(ごうこく)

言わずとしれた超万能なツボです。

肩こりの他に頭痛 花粉症 難聴、精神安定、不眠症、便秘などあらゆる症状に効果があるとされています。


なおかつ合谷は、手にあるツボですからとても押しやすいです。

場所手の人差し指と親指の骨が合流する根元からやや人差し指よりに一指ほどずれた場所にあるくぼみ。

うまくツボに入ればジーンとした感覚がきますから見つけやすいですね。

他にも肩こりに効くツボは数多ありますが上記のツボを押すだけでもかなり和らぐと思います。

是非ともお試しあれ。