肩こり 頭痛 鼻血

肩こりと頭痛と鼻血について。

かつて私はものすごい肩こりに悩まされた時期がありました。

なかでも肩こりから始まって頭痛も発生し、酷い時には鼻血が出てくるということもあり、当時はなにか大きな病気にでもかかったのかと大変危機感を覚えました。

というのも肩こり、頭痛、鼻血、これらの症状ひとつひとつとってもあらゆる原因があげられますし、それぞれどう関連性があるのかも分かりません。



肩こり、頭痛に至っては年がら年中仕事でパソコン作業をして目を酷使しますし、睡眠不足もありますし、姿勢的にも相当首肩に負担をかけてました。

鼻血に至っては蓄膿症を持っていましたし、アレルギー性鼻炎で頻繁に悩んでいた時期もありましたからそれがまたなんらかのきっかけで復活したのかとも思ったりしました。

素人判断ではそれぐらいの要因しか思いつきませんが調べてみると肩こり、頭痛、鼻血の症状が揃うと重病の可能性も結構高まるのだそうです。

その考えられる病気のひとつに『高血圧』が考えられます。

まず肩こりで肩周辺の血流が悪くなります。

肩は心臓に近いこともあって肩周辺の血流が悪いと心臓が血流をよくしようと血圧をあげてしまうのです。

その結果高血圧となります。

高血圧だと脳内の血管が拡張して神経を刺激することによって頭痛が起こるとされています。

また、高血圧が血管を弱らせ、さらに弱った鼻の毛細血管に圧力がかかり出血しやすいというメカニズムが鼻血の要因です。



これで肩こり、頭痛、鼻血になるのも納得できないこともないですよね。

これが発展するとさらに脳の血流が悪くなり、脳梗塞やくも膜下出血にいたる場合もあります。

ただの肩こりが最終的に脳梗塞にまで発展されたらたまったものではありませんよね。

その他、肩こり、頭痛、鼻血の自律神経失調症の疑いがあったりもします。

などなど調べれば調べるほど恐怖感を増長する情報ばかりです。

やはり素人判断はせず、なるべく早期に専門家に相談するのにこしたことはないですね。