肩こり 頭痛 解消 枕

肩こりと頭痛と解消と枕について。

私的に肩こり、頭痛の解消にかかせない存在が『枕』です。


一般的に理想的な睡眠時間は7時間半前後といわれています。


つまり1日の3分の1ほどは寝具のなかで、首肩頭は枕の上で過ごすということですね。

足場の不安定なところで長時間立っているのと安定しているところで長時間立っているのでは身体の疲れ方がまったく違ってきます。

それと同じで首肩頭を長時間支える枕は肩こり、頭痛、解消にはかかせない存在と言えます。


世の中の肩こり、頭痛人口が増加している傾向もあってか、首肩まわりの負担解消目的の枕がたくさん出ています。


今となっては枕専門店というのもあり、実際に首肩まわりを測定して自分の身体にフィットしたオーダーメイド枕を作れるところもあるくらいです。



私も肩こり、頭痛解消のため、色々な枕を試してみました。

最初はやっぱり柔らかい枕が良いのだろうと思い、テンピュール性の枕を試してみたのですがこれが意外に頭痛、肩こり解消に向かないのです。

というのも柔らかすぎる枕は頭部を不安定にさせるので身体は頭部を安定させようと、かえって睡眠中は首や肩周辺の筋肉は力を入れた状態になりやすくなるのだそうです。


その次に低反発性の枕を使ってみましたがこれも私の身体には合いませんでした。

低反発なので首肩頭の形にしっかりフィットしてくれるのですがこれがかえって私には窮屈感を感じました。

体にフィットし過ぎるところから、寝返りをうつこともやりにくくなりますので同じ姿勢で睡眠することになり、それがかえって違和感でした。


結局、私が選択したのはバスタオルをぐるぐる巻きにして自分の首の高さに合わせ、シーツなどでくるんだものを使っています。

なんだか質素に感じないわけでもないですがバスタオルだと大変機能性なのです。

形も中身も自由に変えられるし、何より経済的でバスタオルですからこまめに洗濯することも出来ます。


もちろん良質な枕はたくさんありますがそれが自分に合うかどうかはまた別の話となりますね。