肩こり 頭痛 吐き気

肩こりと頭痛と吐き気について。

誰もが一度は悩むことがあるのが肩こり、頭痛です。

日に日に肩こり、頭痛人口は増加に一途をたどり、もはや現代病といってもよいくらいかもしれませんね。

さらに酷い時は吐き気にまで至る時があります。

私も肩こり、頭痛とは長い付き合いで一時期は吐き気にまでヒートアップして相当困っていました。

吐き気にまで至る要因はさまざまですがこういう時はいっそう注意が必要です。


その他、めまいや動悸、のぼせを感じたりする。

痛みが日に日に増していったり、痛む箇所が一定しなかったり、しびれが発生したりすることもあります。


軽いもので単なる筋肉緊張型の頭痛、肩こりで吐き気に至る場合もあります。

たいていの場合はこれが当てはまっていて運動不足やデスクワークなど過度に首肩に緊張を強いる習慣のある人が多いです。

また、生活習慣でいえば食べ過ぎやタバコの吸いすぎでも肩こり、頭痛、吐き気の要因になったりもするそうです。


私のお世話になっているセラピストさんにようとマッサージの経絡的な見解でみると、首肩まわりには内臓の、特に消化器の気が通っているそうで内臓が疲れているだけで首肩がこってくるんだそうです。


ここまでの要因であればこまめに運動したり、食事を改善したりして生活パターンを変えていけば肩こり、頭痛、吐き気は自ずとひいていくでしょう。

しかし、肩こり、頭痛、吐き気が重病のサインであることもあります。


脳がなんらかの異常に陥っていることもあります。

ただの肩こりと思って病院にいけば脳の硬膜下に血腫が溜まっていると診断されて即時入院…なんていう話もあるくらいです。

また、脳だけではなく、耳鼻系統に異常がある場合もあります。

ある人は蓄膿症のサインだったり、メニエール病のサインだったりするのです。


だからただの肩こり、頭痛、吐き気と思って素人判断しないほうが良いですね。


対象してもなかなか辛さが改善しない場合は速やかに病院を訪ねるのが無難でしよう。